溝の口で症状の改善を実感するなら杏の樹鍼灸院へ

杏の樹鍼灸治療院


自律神経失調症について 

908849.jpg
  • よく頭痛がする、ひどい時は吐き気がする
  • 耳鳴りがする
  • 動悸・息切れがしやすい
  • 疲れやすい
  • 寝付きが悪い、眠りが浅い
  • 朝起きられない
  • めまいや立ちくらみがする
  • 便秘または下痢をしやすい、あるいは便秘と下痢を繰り返す
  • 手足が冷えやすい、あるいは足は冷たいのに顔が火照ってのぼせたようになる
  • いつも胃腸の調子が悪く、食欲がなかったり、胃がもたれたりすることが多い
  • 暑くないのによく汗をかく
  • 季節の変わり目など環境の変化で、体調を崩したりアレルギーのような症状が現れる
  • 乗り物酔いをしやすい

これらの症状が思い当たる方は、自律神経失調症の可能性があります。自律神経失調症では、上にあげた症状以外にもイライラしやすくなったり、不安やうつ症状など精神的、身体的に様々な症状が現れます。

1009356.jpg163906.jpg

自律神経ってどんな神経?

自律神経というのは、意志とは関係なく刺激に反応して、体を周囲の環境に適応させるように調節している神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は日中など体が活発な時に働き、副交感神経は夜寝るときなど安静時に働き、お互いに逆の働きをしながら体を調節しています。

交感神経が優位に働くと、呼吸や脈拍が速くなり、血管が収縮する(骨格筋の血管は拡張します)、血圧が上がる、その他からだを活発に動かすのに適した状態に保ちます。反対に副交感神経が優位に働くと、呼吸や脈拍が遅くなり、血管が広がり血圧が下がります、その他リラックスして体を休めるのに適した状態に保ちます。

この2つの神経のバランスが、何らかの原因で崩れることによって様々な不調を生じます。例えば、血圧が上がるべき時に上がらないと、脳に血がいかずめまいや立ちくらみを起こしたりします。また、夜になっても交感神経が優位なままだと不眠の原因になったりします。

 

 

自律神経失調症の原因

自律神経のバランスが崩れる原因は、過度のストレス、夜型の生活などの不規則な生活、更年期障害その他人それぞれで、人によっては生まれつきバランスが悪い場合もありはっきり確定することは出来ません。

058834.jpg803535.jpg
 

自律神経失調症の鍼灸治療

自律神経失調症の場合、検査の数値で病気の判断をする西洋医学では中々異常を見つけることはできませんが、東洋医学は現れた症状からみていくので、軽い頭痛やちょっとした眩暈、のぼせ、冷え、むくみなど数値以下であったり、数値では表せない症状であっても体が感じた異常は病気として治療していきます。

鍼をカラダに打つと、どうして自律神経失調症が改善されるのか分かりにくいと思いますが、簡単にいうと鍼でカラダが傷つけられると反射で血管が拡張して、その反応が脳に伝わり痛みを和らげたり、血液の流れを良くしたり、心や体をリラックスさせたりといった効果が生れます。

つまり、自律神経失調症に対する鍼治療では、鍼の刺激に対する自律神経の反射作用によって様々な症状の改善を図っているのです。

049059.jpg
自律神経は内臓の運動にも関わっていますから、鍼の刺激で交感神経または副交感神経が興奮すると、胃や腸、膀胱などの運動が活発になったり抑えられたりします。こうした鍼治療の仕組みによって、交感神経と副交感神経がうまくバランスを取れるように働きかけていきます。


自律神経失調症の原因には、体質によるものや、強いまたは長期間に渡るストレス、睡眠不足、不規則な生活、食事の偏りによる栄養不良などによるものがあり、これらは鍼灸治療だけで改善することは出来ません。

健康的な生活を送るには、最低限の睡眠と栄養をとることが必要です。これは自分自身でできることなので、鍼灸や漢方などによる治療と平行してご自身の生活を見つめ直すことが改善の早道です。

杏の樹鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝の口1-17-1アトラクティヴオマタ403
アクセス:
JR南武線
武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線、東急大井町線 溝の口駅
各駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
044-543-9748
営業時間:
月曜~金曜
9:30~20:00
(19:00最終受付)
土曜、祝日
9:30~15:00
(14:00最終受付)
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ